病院のご案内

NST(ニュートリションサポートチーム)の活動

■NSTとは
 NSTは、Nutrition Support Teamの略で栄養サポートチームのことです。医師や看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師など様々な職種がそれぞれの知識を持ち寄り、患者さんの栄養管理を行う専門チームのことです。
 栄養管理は全ての治療に欠かせないものです。特に、手術前後に適切な栄養管理を行うことによって、順調な回復が期待できます。
■広尾病院NST
 広尾病院NSTは平成18年9月より本格的な活動を開始しました。
 NSTメンバーは、医師(外科医師、糖尿病内分泌科医師、救急診療科医師、脳神経外科医師、歯科口腔外科医師)、看護師、薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士、言語聴覚士、医療連携事務職員等で構成され、それぞれの専門性を生かした役割を担っています。
 平成21年9月に、日本栄養療法推進協議会より「NST稼動施設認定証」を取得しました。また、日本静脈経腸栄養学会からも、すでにNST稼動施設として認定されています。
■広尾病院NSTの主な活動
  1. 入院患者さん全員の栄養管理を行います(栄養管理計画書作成)。
  2. 褥瘡対策チームとも連携し、特に栄養状態の改善が必要と認められる患者さんの病室をお訪ねします(NST回診)。
  3. 回診後、患者さんの栄養管理について意見交換を行い、主治医に提案します。
  4. その後もNSTメンバーが病室に伺い、退院に向けたアドバイスを行います。
  5. NST回診時以外にも、医師や看護師等からの栄養管理に関する相談に応じます。
  6. よりよい活動が出来るよう、担当者は自己研鑽に勤めています。
    NSTメンバーの医師にはTNT(栄養療法の技能研修)認定医師がいます。
    また、看護師、薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士の4職種全てに、日本静脈経腸栄養学会の「NST専門療法士」の資格取得者がいます。
■NST活動の様子
身体計測
<身体計測>
    身体計測と摂取栄養量の確認を行います
  • 身長・体重の計測のほかに、腕周りや皮下脂肪の厚さを測り、身体の筋肉量を確認しています
    *栄養状態が悪い場合は、筋肉などの蛋白質が減少し、体力を消耗させ、感染症に罹りやすくなったり、病気の回復に時間がかかることがあります
  • 食事の摂取量や輸液の量を確認し、不足する栄養素がないか確認しています

NST回診
<NST回診>
    患者さんに笑顔を取り戻していただけるような、NST回診を目指しています
  • 病棟に伺って、患者さんの身体の状態(皮膚の状態、表情、元気度、食欲など)を確認し、栄養評価を行います
  • 食事を召し上がっている方については、嗜好や食べやすい形態などをお聞きし、調理に生かします

食事の工夫
<食事の工夫>
    食欲が無い患者さんには、特別な対応をしています
  • 可能な限り、患者さんのご希望に沿った料理をお出ししています
  • その後も、継続的に病棟に伺い、食事を召し上がれているかどうか確認しています

カンファレンス
<カンファレンス>
    NSTメンバーが専門的立場から意見を出し合い、患者さんに最適な栄養プランを作成し、主治医に提案します
  • 栄養補給のためのプランを作成します
  • 輸液や経腸栄養の内容を検討します
  • 嚥下機能の改善のためのプランを作成します
  • 消化機能の改善のためのプランを作成します

勉強会
<勉強会>
    定期的に勉強会を開催しています
  • 講師は、NSTメンバーなどが行います
  • 学会や講演会、研修会などにも意欲的に参加し、最新情報を収集し、NST活動に生かしています
このページの先頭へ戻る