トップ > 食事療法のすすめ方 > 糖尿病の食事

食事療法のすすめ方 糖尿病の食事


糖尿病とは

糖尿病とは、すい臓で作られるインスリンというホルモンの作用不足により、慢性的に高血糖になった状態のことです。インスリンの分泌量の不足や、その働きが悪くなると、栄養分が細胞の中に取り込まれなくなり、血液中にブドウ糖などの量が増えてきます。そして長期間高血糖状態が続くと、腎症や網膜症、神経障害などの合併症が起きる場合があります。
糖尿病の治療の目的は、できるだけ血糖を正常に近い状態に保ち、合併症を防いで健康な人と同様な日常生活を送ることにあります。治療には、食事療法、運動療法、薬物療法がありますが、食事療法は全ての場合の基本となります。

糖尿病の診断

糖尿病は、血糖値を血液検査で確認することで診断されます。一回の検査でははっきりと診断できないので、別の日にもう一度検査をして確定診断します。
最初の検査で以下のいずれかにあてはまる場合、「糖尿病型」と判定されます。

  1. 随時血糖値 200mg/dL 以上
  2. 空腹時血糖値が 126mg/dL 以上
  3. 75g ブドウ糖負荷試験で2時間値が 200mg/dL以上

2回目の検査でも「糖尿病型」と確認されると、糖尿病と確定診断されます。ただし、のどの渇きや多飲・多尿、体重減少など糖尿病の特徴的な症状がある場合、ヘモグロビンA1Cが6.5%以上の場合、網膜症がある場合は、1回の検査で「糖尿病型」と判定されれば、2回目の検査を受けなくても糖尿病と診断されます。

空腹時血糖値が100mg/dL未満、75g ブドウ糖負荷試験2時間値が 140mg/dL未満の両者を満たす場合は「正常型」と判定します。「糖尿病型」「正常型」いずれにも属さない場合は「境界型」と判定します。

境界型と診断された人は、糖尿病を発病する可能性が高いので注意が必要です。
また、糖尿病の人・境界型の人ともに、動脈硬化の危険性が高く、高血圧、脂質異常症などと重複した状態になると、動脈硬化の進行がより早まっていきます。心筋梗塞などの心臓病や脳血管障害などを引き起こす危険が高まることから、生活習慣を改善して予防・改善していくことが重要です。

メタボリックシンドローム(代謝異常症候群)のページへ

糖尿病コントロールの指標

糖尿病は自覚症状に乏しい病気なので、血糖コントロールがうまくいっているかは検査を受けて確認する必要があります。コントロールの指標には、次のような検査が用いられます。

血糖値

血液中のブドウ糖の濃度をあらわします。

ヘモグロビンA1c

赤血球の中にあるヘモグロビン(血色素)のうち、ブドウ糖と結合しているものの割合をパーセントで表したものです。血糖値が採血時点での指標であるのに対し、採血前1~2ヶ月間の平均血糖値を反映し、血糖コントロール状態の指標となります。最近はコントロールの良否の判断にはヘモグロビンA1cを用いることが多くなっています。

検査項目 コントロールの目安
不可
不十分 不良
ヘモグロビンA1c(%) 5.8未満 5.8~6.5未満 6.5~7.0未満 7.0~8.0未満 8.0以上
血糖値 (mg/dL) 空腹時 80~110未満 110~130未満 130~160未満 160以上
食後2時間 80~140未満 140~180未満 180~220未満 220以上

日本糖尿病学会編「科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン」第2版 南江堂 2007より引用


食事療法のポイント

糖尿病の食事療法は、正しい食習慣とともに、過食を避け、偏食せずに規則正しい食事をすることです。つまり、糖尿病食は特別な食事ではなく、バランスのよい健康食といわれています。どの食べ物がよい、悪いということよりも、一日3食規則正しくバランスのよい食事をとり、それを長く続けるということが重要です。
ただし、合併症がある方は、食事療法の内容が変わってくる場合がありますので、必ず医師の指示に従ってください。

1  適正なエネルギー量の食事をとりましょう

適正な体重を保ちながら、日常の生活に必要な量の食事をします。
エネルギー摂取量は、性別、年齢、肥満度、日常生活やスポーツによる身体活動量、血糖値、合併症の有無などを配慮し、医師が決定します。一人ひとり適正エネルギー量は異なりますので、医師から指示されたあなたの量を守りましょう。
(通常成人男性では1400~1800キロカロリー(kcal)、女性では1200~1600キロカロリー(kcal)程度となります)

エネルギー摂取量算出の目安(成人期)=標準体重(*1)×身体活動量(*2)
*1 標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22
*2 身体活動量の目安(体重1kgあたり)

  • 軽労作   デスクワークが主な人・主婦など:25~30kcal
  • 普通の労作 立ち仕事が多い職業:30~35kcal
  • 重い労作  力仕事の多い職業:35kcal~

(例)身長160cm 軽労作の場合 身体活動量28kcal/kgとすると
1.6(m)×1.6(m)×22=56.3kg (標準体重)
56.3(kg)×28(kcal)=1576 約1600kcalとなります。

2  一日3回規則正しく食べましょう

血糖値を安定させるためには、食事の時間と量をできるだけ毎日一定にすることが大切です。
一日2食にすると、一回当たりの食事量が増え、食後の急激な血糖の上昇につながったり、空腹の時間が長くなることによって栄養素の吸収が増し、体脂肪がつきやすくなったりします。
典型的な悪い食べ方として、「朝抜き、昼そば、夜大食い」があげられます。気をつけましょう。

3 栄養のバランスが偏らないようにしましょう

指示された一定のエネルギー量の中で、身体に必要な栄養素を十分に満たすには、いろいろな食品を偏りなくとることが必要です。
食品に含まれる栄養素には、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル等があり、それらに過不足のないバランスのとれた献立をたてるために、「糖尿病食事療法のための食品交換表(第6版)」 (日本糖尿病協会/文光堂 2002年発行)を利用する方法があります。

「食品交換表」の内容と使いかた(実際に使う際は管理栄養士に相談しましょう)

  1. 私たちが日常食べている多くの食品を、主として含まれている栄養素によって6つの表(グループ)に分類しています。(下記参照)
  2. 同じ表の中では好みによって食品を交換して選べるようになっています。
  3. 食べる量をはかるものさしは「単位」です。1単位は80キロカロリー(kcal)です。(たとえば、ごはんは小茶碗1/2杯(50g)が1単位です)
    一日の指示エネルギー量が1600kcalの場合の単位にかえる計算は
    1600kcal ÷ 80kcal = 20単位 となります。
    一日の指示単位20単位を主治医や管理栄養士が表1から表6に振り分け、さらに朝・昼・夕に配分します。
食品の分類 食品の種類  
主に炭水化物を含む食品(Ⅰ群) 表1 穀物・いも・炭水化物の多い野菜と種実・豆(大豆を除く) 炭水化物を多く含みます。
炭水化物の多い野菜には、かぼちゃ、とうもろこし、れんこん、などがあります。
表2 くだもの 主に炭水化物(果糖)を含む食品です。くだものはビタミン、ミネラルや食物繊維が豊富ですが、糖尿病の方では血糖の上昇や血中の中性脂肪の増加を招く場合があるので食べ過ぎには注意しましょう。

1日の適量は1日1単位(80kcal)※とされています。いつどのようにとるかは主治医や管理栄養士と相談してください。
※1単位当りのくだものの目安量 … みかんなら中2個、りんごなら中1/2個、バナナなら中1本

干しくだものやくだものの缶詰はビタミンの含有量が少なく糖度が高いため、し好食品として扱います。
主にたんぱく質を含む食品(Ⅱ群) 表3 魚介・肉・卵・チーズ・大豆とその製品 主にたんぱく質を多く含みます。脂質の含有量によって、1単位の分量の違いが大きいので注意しましょう。
干物、練り製品、佃煮、加工品などは食塩を多く含むので、なるべく控えましょう。
表4 牛乳・乳製品(チーズを除く) カルシウムの供給源として重要ですが、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンも多く含みます。
主に脂質を含む食品(Ⅲ群) 表5 油脂・多脂性食品 主に脂質を含む食品です。
多脂性食品とは、ごま、ピーナツなどの種実類や脂質を多く含む肉(ベーコン、ばら肉)などのことをいいます。

油脂や多脂性食品は少量でもエネルギーが高いので摂取量を守りましょう。

動脈硬化予防のために、なるべく植物油を使いましょう。
主にビタミン・ミネラルを含む食品(Ⅳ群) 表6 野菜(炭水化物の多い一部の野菜を除く)・海藻・きのこ・こんにゃく 主にビタミン、ミネラルや食物繊維を含みます。
野菜はいろいろとりあわせて、1日に300g(1単位)以上を朝食、昼食、夕食に分けて食べましょう。

緑黄色野菜は、ビタミン、カルシウムや鉄分を多く含みます。毎日100g以上食べるようにしましょう。

漬物は、食塩を多く含んでいるので、控えましょう。
調味料 みそ・さとう・みりんなど 調味料の表には、「エネルギー量を無視できない調味料」がのっています。
うす味の習慣をつけ、調味料は控えめに使いましょう。

日本糖尿病学会編「糖尿病食事療法のための食品交換表(第6版)」
日本糖尿病協会/文光堂 2002年発行 より引用
※詳しくは「食品交換表」をご参照ください。

『日本糖尿病学会編「糖尿病食事療法のための食品交換表」に関する記載・記述については、社団法人 日本糖尿病学会の引用許可を得ています。転用などを行う場合は必ず、該当する部分のデータあるいはプリントアウトを添付するなどして、同学会の引用許可を得てください。』

4 その他のポイント

  • 毎食 表1(主食)、表3(主菜・たんぱく質の多いおかず)、表6(副菜・野菜料理)が食卓にそろうようにしましょう。
  • 小鉢類を多く並べたり、ごはん茶碗を一回り小ぶりのものにするなど工夫すると見た目に満足感を得られます。
  • 味付けは薄味にしましょう。濃い味付けにするとごはんがすすみがちになります。また、塩分のとりすぎは高血圧の原因になる場合もありますので、干物、加工品、塩蔵品、漬物、汁物類の食べすぎには注意しましょう。→ 高血圧の食事のページへ
  • 加工食品は原材料などを良く確かめて使いましょう。特に脂質の多い食品は控えましょう。
  • 油は吸収が遅いので空腹感を紛らわせる効果があり、脂溶性ビタミンの吸収を助ける働きもあるので、上手に摂取しましょう。
    油が多くなりがちな方は、フッ素樹脂加工のフライパンやノンオイルドレッシングを使ったり、網焼き、ゆでる、蒸す、煮るといった調理方法に変更してみましょう。
    天ぷらやフライなどの揚げ物の衣は、大量の油を吸収しています。衣を取り除いてたべるのも良いでしょう。
  • 外食のとりかたに気をつけましょう。
    外食は表1(主食)表5(油)が多く、糖尿病の食事としてはエネルギーが高く、味付けも濃くなりがちです。ご飯を少なめに盛りつけてもらったり、揚げ物の衣や漬物は残すなど、工夫して食べましょう。丼もの、一皿料理よりも定食などを選び、野菜も不足しないようにしましょう。
    また、最近は外食や弁当などにも栄養成分が表示されています。これらの数値を確認しましょう。
  • アルコールは原則として禁止です。
    アルコール類は高エネルギーである上に、つい量が多くなったり、食欲が増進してつまみ類をとりすぎたりしますので好ましくありません。飲酒は医師の指示を受けるようにしましょう。
  • 菓子類やし好飲料は控えましょう。
    菓子類は炭水化物や脂質が多く、エネルギーの高い食品です。し好飲料にはブドウ糖や果糖が多く含まれるので、飲むと血糖や血液中の中性脂肪が高くなりやすいので、できるだけとらないようにしましょう。野菜ジュースやスポーツドリンクにも糖分が含まれているものがありますので、表示を確認しましょう。
    飲料は無糖のお茶類を選び、コーヒー、紅茶はさとうを入れないで飲むようにしましょう。

お役立ちレシピ ~野菜でボリュームアップ~

日常生活の注意

1 食品を計量する習慣をつけましょう

2 食事記録をつけて、栄養のバランスをチェックしましょう

3 適正な体重を維持しましょう

体脂肪が多いと、インスリンが分泌されても十分に働くことができない「インスリン抵抗性」という状態になることがあります。適正体重を保つことは極めて重要です。

4 ゆっくりよくかんで食べましょう

早食いをすると満腹感を感じる前に、つい食べ過ぎてしまいがちです。

5 身体を動かす習慣をつけましょう

運動は、インスリンの感受性を良くし、脂質異常症(高脂血症)や高血圧の改善に有効な場合もあります。さらに筋力や心肺機能が向上し、爽快感がストレスの解消にもつながります。
実際の運動にあたっては、バーベルを持ち上げる、なわとびや階段を上るなどのきつい運動ではなく、誰にでも安全にできる「歩く」ことを生活の中に取り入れてみましょう。めやすとしては、歩行運動では1日2回、できれば食後1時間くらいしてから1回15~30分、週3回以上が望ましいです。
ただし、運動療法も食事療法と並行して行うことが不可欠です。
運動にあたっては、必ず医師のメディカルチェックを受けてから行うようにしましょう。