トップ > 食事療法のすすめ方 > 糖尿病の食事 > メタボリックシンドローム(代謝異常症候群)とは

食事療法のすすめ方 糖尿病の食事

メタボリックシンドローム(代謝異常症候群)とは

内臓脂肪型肥満と、高血圧、糖尿病(耐糖能異常を含む)、高脂血症などの生活習慣病が重複した状態になると、自覚症状もほとんどないままに、徐々に血管の動脈硬化が進み、心筋梗塞などの心臓病や脳血管障害などを引き起こす危険が高まるというものです。これらの病気は、それぞれの重症度はそれほどでもないのに、重複することで動脈硬化の進行がより早まっていきます。

メタボリックシンドローム診断基準

1. ウエスト周囲径

ウェスト周囲径

男性:85cm以上 
女性:90cm以上


<ウエスト周囲径計測方法>
立ったまま、軽く息を吐いた状態で、おへその回りを測る

1 に加えて以下のうち2項目以上に該当する

2. 血清脂質

中性脂肪: 150mg/dl 以上

かつ / または

HDLコレステロール: 40mg/dl 未満

3. 血圧

縮期血圧(最高血圧): 130mmHg 以上

かつ / または

拡張期血圧(最低血圧): 85mmHg 以上

4. 空腹時血糖

空腹時血糖値: 110mg/dl 以上


(2005年4月 メタボリックシンドローム診断基準検討委員会より抜粋)

5. 危険因子の数と心疾患のリスク

危険因子の数と心疾患のリスク

出典 : Nakamura et al:Jpn
Cric J.65:11-17.2001