トップ > 食事療法のすすめ方 > 脂質異常症の食事

食事療法のすすめ方 脂質異常症の食事

脂質異常症とは

血液中の脂質にはLDLコレステロール(悪玉)、HDLコレステロール(善玉)、トリグリセライド(中性脂肪)などがあります。
高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症といった血液中の脂質の異常を総称して「脂質異常症」といいます。
LDLコレステロールの値が高い状態が続くと動脈硬化を進展させます。一方で、HDLコレステロールは血管壁にたまった余分なコレステロールを取り出し、動脈硬化の進展をおさえる働きがあります。また、トリグリセライドの値が高い状態が続くと心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などを発症する危険性が高まります。
脂質異常症に加え、肥満(特に内臓脂肪型肥満)、血糖値や血圧が高めという状態が重なるメタボリックシンドロームは、心筋梗塞などの動脈硬化性疾患となる危険性がさらに高くなります。

 

脂質異常症の診断基準

脂質異常症の診断基準は以下のとおりです。

脂質異常症の診断基準(空腹時採血)
LDLコレステロール 140mg/dL以上 高LDLコレステロール血症
120~139mg/dL 境界域高LDLコレステロール血症
HDLコレステロール 40mg/dL未満 低HDLコレステロール血症
トリグリセライド 150mg/dL以上 高トリグリセライド血症

※ 計算式によるLDLコレステロール値の求め方

LDLコレステロール値=総コレステロール値-HDLコレステロール値-トリグリセライド(中性脂肪)値×1/5 (Friedewaldの式:ただし、トリグリセライド(中性脂肪)が400mg/dL未満の場合に限る)

※ 10-12時間以上の絶食を「空腹時」とする。ただし、水やお茶などカロリーのない水分の摂取は可。


(動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版より)

食事療法のポイント

脂質異常症の食事療法は、エネルギーの過剰摂取に注意し、栄養のバランスのとれた食事をすることが大切です。

(1)適正体重を維持しましょう

エネルギーをとり過ぎると、肝臓でトリグリセライドやコレステロールの合成が促進されます。適正体重が維持できるよう、エネルギーの過剰摂取に注意しましょう。


標準体重を目標にしましょう。

標準体重の求め方

標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22
(日本肥満学会の式)


(例) 身長が160cmの場合
1.6(m)×1.6(m)×22≒56.3(㎏)


肥満がある場合は肥満の是正が重要です。
肥満の判定方法について 肥満症の食事のページへ

(2)栄養のバランスを考えて、3食規則正しく食べましょう

毎食「主食・主菜・副菜」をそろえましょう。

バランスのとれた食事

(3)脂肪の質と量に注意しましょう

  1. 脂質のとり過ぎに注意しましょう。
  2. 飽和脂肪酸をとり過ぎないようにしましょう。
    飽和脂肪酸は肉の脂身、バター、ラード、ココナッツオイルなどに含まれます。
  3. 魚類や大豆製品の摂取回数を増やしましょう。
  4. 肉は脂肪の少ない部位を選びましょう。
  5. 肉や卵の摂取回数を減らしましょう。
  6. 牛乳などの乳製品はとり過ぎに注意しましょう。(1日に200g程度)
  7. コレステロールを多く含む食品を控えましょう。
    コレステロールは卵黄、肉の脂身、レバーやモツ等の内臓類、魚卵や魚の内臓にも多く含まれます。たらこ、塩辛、ししゃも、わかさぎなどは食べる量と頻度に注意が必要です。

(4)食物繊維は十分にとりましょう

食物繊維は、血中コレステロールを下げる働きがあります。野菜、海藻、きのこ類などを毎食とりましょう。
野菜の摂取量は1日350gが目安です。そのうち1/3以上はにんじん、小松菜、ブロッコリーなどの緑黄色野菜から摂取しましょう。

食物繊維

(5)飲酒を控えましょう

アルコールは1日25g以下が適量とされていますが、病状によって飲酒の可否は異なるため、医師の指示を守りましょう。

アルコール20~25gに相当するアルコール飲料
ビール 中瓶1本(500ml)
日本酒 1合(180ml)
焼酎 0.5合(90ml)
ウィスキー ダブル1杯(60ml)
ワイン グラス2杯(200ml)

(6)食塩は控えましょう 高血圧症の食事のページへ

高血圧症を合併すると動脈硬化が進みます。食塩のとり過ぎは、血圧を上げる要因となるので、薄味に慣れましょう。

(7)食習慣・食行動を見直しましょう

  • よく噛んでゆっくり食べましょう。
  • まとめ食い、ながら食いを避けましょう。
  • 就寝前2時間は飲食を控えましょう。
  • 外食はメニューを工夫して選びましょう。

(8)危険因子を改善する食事

食事療法のポイントを実行しつつ、それぞれ併せ持つ危険因子に対して、以下のように食事療法を強化します。

高LDLコレステロール血症
  • コレステロールの多い食品を減らしましょう。
    コレステロールを多く含む食品はこちら
  • 飽和脂肪酸をとり過ぎないようにしましょう。
  • トランス脂肪酸(マーガリン、ショートニングなど)のとり過ぎに注意しましょう。
  • 食物繊維と植物ステロールを含む食品をとりましょう。
    野菜、海藻、大豆製品や玄米、ライ麦パンなどを増やします。
高トリグリセライド血症
  • 糖質を多く含む菓子類、清涼飲料はやめましょう。
  • 果物、穀類の摂取を適量にしましょう。
  • アルコール飲料は止めましょう。
  • 魚類を食べる回数を増やしましょう。
低HDLコレステロール血症
  • トランス脂肪酸のとり過ぎに注意しましょう。
  • サフラワー油やコーン油等に偏らないように注意しましょう。(エネルギーは他の植物油と同じです)

お役立ちレシピ ~魚や豆を利用して~

揚げ魚の香味野菜のせ PDF[248KB]new

タラとエビの洋風蒸し PDF[217KB]new

鯖のマルセーユソース PDF[230KB]new

鮭のソテーきのこソースがけ PDF[225KB]new

揚げ出し豆腐の野菜あんかけ PDF[206KB]new

生揚げのみそ炒め煮 PDF[257KB]new

いわしの蒲焼 PDF[249KB]new

マグロの煮付け PDF[257KB]new

夏野菜のラタトゥーユ PDF[211KB]new

根菜とキノコのきんぴら PDF[219KB]new

炒り豆腐 PDF[216KB]new

白いんげん豆のサラダ PDF[265KB]new

にんじんとオレンジのサラダ PDF[262KB]new

卯の花炒り煮 PDF[139KB]new

 

日常生活の注意

1 適度な運動をしましょう

  • 適度な運動は、脂質異常症の改善に効果的です。
  • 日常的に適度な運動を行うよう心がけましょう。
  • 運動を始める前には医師に相談しましょう。

2 禁煙しましょう

  • 喫煙は、動脈硬化を早めるといわれています。禁煙しましょう。

コレステロールを多く含む食品

  食品類 目安量
(g)
コレステロール
含有量(mg)
エネルギー
(kcal)
肉類 鶏レバー 串焼き2本分(60) 222 67
豚レバー 串焼き2本分(60) 150 77
豚ばら肉 薄切り4枚(80) 56 316
豚白モツ 串焼き2本分(60) 144 103
牛レバー 串焼き2本分(60) 144 79
牛サーロイン ステーキカット1枚(200) 118 596
鶏手羽先(皮付き骨付き) 3本(100) 120 226
鶏もも肉(皮付き骨なし) 1人前(100) 89 204
魚介類 いくら 大さじ2杯(30) 144 82
かずのこ 1枚(25) 58 22
うなぎ(蒲焼) 小1串(60) 138 176
たらこ 1/2腹(40) 140 56
ししゃも 2尾(50) 115 83
わかさぎ 4尾(40) 84 31
うに 大3枚(20) 58 24
塩辛 大さじ1杯(18) 41 21
卵類 鶏卵 Mサイズ1個(60) 252 91
卵黄 Mサイズ1個(18) 252 70
うずら卵 2~3個(30) 141 54
乳製品 プロセスチーズ 2枚(36) 28 122
生クリーム 大さじ1杯(15) 18 65
油脂類 バター 大さじ1杯弱(10) 21 75
ラード 大さじ1杯弱(10) 10 94
菓子類 カステラ 1切れ(60) 96 191
ケーキドーナッツ 1個(60) 60 225