食事療法のすすめ方 腎臓病の食事

食事療法の目的(第7版「腎臓病食品交換表」(医歯薬出版)より)

  1. 腎機能低下の進行を抑える
  2. 体内の食塩、水分、カリウム、リンなどの量や濃度を正常近くに維持する
  3. 窒素化合物などの終末代謝産物(老廃物:尿素窒素やクレアチニンなど)による尿毒素が体内に蓄積するのを抑制する
  4. 健全な日常生活活動ができるような栄養状態を維持して、長寿を目指す