トップ > 都立病院だより > 都立病院だより 第3号

都立病院だより 第3号

平成17年6月発行

東京発 医療改革

豊島病院医療情報室
豊島病院医療情報室

豊島病院では、患者さんやご家族の方が、ご自分の病気やこれから受ける検査や治療について自ら学ぶことができるよう、平成16年11月から医療情報室を開設しています。 どうぞお気軽にご利用ください。

利用時間:平日9時~17時(土曜は13時まで)
内容:からだ・病気・食事等に関する図書資料約300冊、パンフレット等


特集:個人情報保護への取組

患者さんの個人情報を守ります

本年4月から、個人情報保護法が全面施行され、事業者や都民一人ひとりの個人情報に対する意識は変わり始めています。都立病院では、たくさんの患者さんの個人情報を取り扱っています。そこで、今回は、都立病院の個人情報保護への取組みについてご紹介します。

患者さんの個人情報の取扱方針を定めました

院内の掲示を是非一度ご覧ください!
院内の掲示を是非一度ご覧ください!

都立病院では、これまで以上に、患者さんに安心して都立病院をご利用いただくため、関係法令などの趣旨に沿って、患者さんの個人情報に関する取扱方針を次のように定めました。

個人情報の取扱方針
収集・利用の目的をはっきり示します
  • 患者さんの個人情報を収集・利用する目的等を院内に掲示しています。
示した目的の範囲内で利用します
  • 患者さん本人の同意がなければ、第三者には個人情報を提供しません。(ただし、法令に基づく場合等(例:児童虐待の防止や犯罪捜査を目的とする場合、大規模な災害や事故の場合)を除きます。)
適正な管理のための体制を整備します
  • 個人情報の保護を進めるための委員会を設置します。
  • 電子カルテなどの安全保護対策を確実なものにします。
患者さんからの開示の求めに対応します
  • 条例等の定めに従って対応します。(閲覧は無料ですが、写しの交付には手数料がかかります。)

ご質問にお答えします

Q.そもそも個人情報とはどんなものですか?

A.氏名、生年月日、住所、電話番号、顔写真、歯型、保険証番号など、それだけで、または他の情報と組み合わせることにより、個人を特定できる情報を指します。カルテ、検査データ、X線写真などの診療情報はもちろん、患者さんが記入した診療申込書などの情報も含まれます

Q.病院の窓口で名前が呼ばれるのは、なぜですか?
名前も、保護されるべき個人情報ではありませんか?

A.そのとおりですが、都立病院では、患者さんを間違えないよう、また、患者さんにとってのわかりやすさを考慮し、引き続き、患者さんのお名前による呼出しを行っています。
お薬の院内処方の窓口のように、すでに機械による番号での呼出しとなっているところもあり、患者さんに負担をかけないスムーズな呼出しについて、今後、患者さんからのご意見やご要望などもお聞きしながら改善していきます。

Q.見ず知らずの多くの人がいる前では、名前を呼ばないでほしいのですが…

A.そのような場合には、それぞれの患者さんのご事情に応じて対応していますので、窓口の職員へご相談ください。

Q.見ず知らずの多くの人がいる前では、名前を呼ばないでほしいのですが…

A.そのような場合には、それぞれの患者さんのご事情に応じて対応していますので、窓口の職員へご相談ください。

Q.入院すると、病室の入口やベッドの枕元に名札が掲示されるのはなぜですか?

A.入院中の患者さんを間違えることなく、各種の医療上の処置を確実に行う必要があるためです。

Q.入院中、他の患者さんや他の見舞い客などに、自分の名前を知られたくないのですが…

A.病室入口の掲示については、患者さんのご希望により取り外すことが可能な場合もありますので、担当の看護師へご相談ください。

Q.カルテの写しを手に入れたいのですが、どうすれば良いですか?

A.都立病院の患者さんは、「東京都個人情報の保護に関する条例」等の定める手続きに従い、自らの個人情報が記されたカルテなどの閲覧や、写し(コピー)の交付を求めることができます。手続きの詳細については、各病院の医事担当課へお問合せください。


知っていますか?医療機器

その3 マンモグラフィー装置

マンモグラフィー装置
荏原病院の装置

マンモグラフィーとは、乳房X線撮影のことです。非常に低い電圧で発生させたX線により乳房を撮影した画像を用いて、医師の視触診だけでは発見が難しい早期のしこりや、しこりの原因等についての診断を行います。触っても判らないような早期の小さな乳がんのほか、しこりを作らない乳がんを、白い影(腫瘤影)や非常に細かい石灰砂の影(微細石灰化)として発見することができます。
早期の発見により治療を受けることができた場合、進行した乳がんの治療に比べ、身体的、精神的、経済的に負担が少なくすみます。

有効な疾患(例)

乳がん・乳腺症・乳腺繊維腺腫など。

導入している都立病院

広尾病院、大塚病院、駒込病院、豊島病院、荏原病院、墨東病院、府中病院、松沢病院