トップ > 都立病院だより > 都立病院だより 第26号

都立病院だより 第26号

平成23年3月発行

松沢病院新病棟

空からみた建築中の松沢病院新病棟
空からみた建築中の松沢病院新病棟

現在都立松沢病院では、「第二次都立病院改革実行プログラム」に掲げた「精神医療センター(仮称)」整備に向けた、新病棟建築が急ピッチで進められています。
新センターでは、精神科急性期医療、精神科救急医療、精神科身体合併症医療など東京都のセンター的医療機能を担うとともに、患者さんの早期社会復帰に向けた支援も行っていきます。
新病棟の完成は、平成24 年2 月を予定しています。


~ がん・感染症医療センター(仮称)整備運営事業 ~

改修事業が進む駒込病院

「第二次都立病院改革実行プログラム」において「がん・感染症医療センター(仮称)」として位置づけられている都立駒込病院では、診療を続けながらの改修工事が着実に進められています。

1号館病棟(4床室)
1号館病棟(4床室)
透析室
透析室
リハビリテーション室
リハビリテーション室
生理検査待合室
生理検査待合室
会議室
会議室

平成21 年の着工以降、今年度は、2号館、本館、1号館と順次改修工事を進め、昨年9月には改修が終わった2号館への病棟移転も実施しました。写真は、現在までに改修が終了したところです。
全面供用開始後は、手術室の増室や化学療法の外来治療センターの増床、内視鏡室の拡充など、施設整備による医療機能の強化を進めるほか、緩和ケア医療の推進を図るなど、東京都がん診療連携拠点病院としての役割を果たしていきます。

都立病院トピックス

平成22年度 テーマ別改善運動発表会を開催しました。
―「改善提案2011 ~医療現場での取組~」―

都立病院、(財) 東京都保健医療公社の各病院及び施設並びに福祉保健局の医療施設では、患者サービスの向上や経営の効率化を目指して、職員自らが身近で具体的な業務改善に取り組む「テーマ別改善運動(QCサークル活動)」を実施しています。

プレゼンテーション01
 
プレゼンテーション02
 

今年度は、各病院、施設において、191 サークルがQCサークル活動に取り組みました。この1月27 日(木)には、各病院、施設から選ばれた代表サークルによる発表会が、都庁第一本庁舎5階大会議場で行われました。
当日は、プレゼンテーションにも工夫を凝らし、医療安全や指導用モデル、治療食、検査着など多彩な取組の成果が報告されました。
代表サークルの活動内容をまとめた報告書は、病院経営本部ホームページに掲載していますので、ぜひご覧ください。(http://www.byouin.metro.tokyo.jp/jigyou/qc/22houkoku.html)

東北地方太平洋沖地震被害への病院経営本部の対応について

災害派遣
 

このたびの東北地方太平洋沖地震で被災された皆様、ご家族の方、関係者に、心からのお見舞いを申し上げます。
平成23 年3月11 日に発生した東北地方太平洋沖地震では、日本で観測史上最大のマグニチュード9.0 を記録、東北地方から関東の太平洋沿岸に10 mを超える巨大津波が押し寄せ、甚大な被害をもたらしました。
病院経営本部では、発災直後から、災害医療派遣チーム(東京DMAT)を派遣したほか、翌週14 日以降、不足する被災地の医療をサポートするため、医療救護班を順次派遣しています。

また、厚生労働省等からの要請により、被災地域で入院・治療中だった患者さんの受入れを行いました。
一方で、電力受給逼迫による計画停電の影響で、一部の病院で停電が実施され、その間、非常用自家発電による電力供給に切り替えて対応しました。
計画停電は、当面、実施されることが見込まれています。仮に、計画停電が行われた場合、外来診療、放射線検査等の一部、手術等に影響が出る可能性があります。ご利用される皆様には、ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

都立病院の分べん料金が10月1日から変わります

平成23 年3月18 日に、東京都立病院の一部を改正する条例が公布され、平成23 年10 月1日より、分べん料が次のとおり変更になります。

料金01
 

また同時に、新生児室使用料及び新生児介補料を廃止し、代わって新生児管理保育料を新設します。

料金02
 

いずれも、10月1日以降分べんのため入院される方から適用いたします。ご不明な点につきましては、各病院医事課窓口にお問い合わせください。

ご利用される皆様には、ご理解をいただきますようよろしくお願いします。