トップ > 都立病院だより > 都立病院だより 第12号

都立病院だより 第12号

平成19年9月発行

東京発 医療改革

羽村市での東京都総合防災訓練の訓練風景(府中病院)
羽村市での東京都総合防災訓練の訓練風景(府中病院)

都立病院は、災害が発生したときに迅速な対応がとれるように、日ごろから医師、看護師など病院スタッフの教育、訓練を行っています。
毎年9月1日に実施される東京都総合防災訓練では、負傷者の受入対応訓練、医療救護班や東京DMAT(災害派遣医療チーム)としての活動訓練を行っています。


特集:治験について

薬の治験とは、「くすりの候補」を国(厚生労働省)から「くすり」として認めてもらうために、健康な人や患者さんの協力を得て、薬の効果(有効性)や安全性を調べる臨床試験のことをいいます。
治験のルール、メリットとデメリット、都立病院の取組についてご紹介します。

こんなルールがあります

治験を実施するにあたっては、治験に参加する方の人権と安全性が最大限守られなければなりません。そのため、薬事法とこれに基づいて厚生労働省が定めた「医薬品の臨床試験の実施に関する省令」によって、治験実施に関する厳格なルールが規定されています。

インフォームドコンセント(説明と同意)
  • 治験を担当する医師は、治験に参加していただきたい患者さんに、治験を開始する前に、治験の目的や内容について説明文書を使って充分に説明します。医師の説明を聞き、分からないことは遠慮なく質問していただき、充分に納得したうえで、患者さん自身が参加するかどうかを決めます。
  • もし、患者さんが治験に不参加の意思を示した場合でも、病院から不利な扱いをされることはありません。また、いったん参加することにした後に、それを撤回することも自由です。その際にも不利な扱いはされません。
  • 患者さんが治験の目的や内容を理解し、納得したうえで、自分の意思で治験への参加を決めた場合には(これを「インフォームドコンセント」といいます)、その旨を文書に残すことになっています。
プライバシーの保護
錠剤
 
  • 治験に参加していただいた患者さんに関する情報は厳重に守られ、治験が行われた病院又は関係者から洩れることは一切ありません。

都立病院の取組

治験イメージ
 

都立病院では、質の高い医療を実現するため、臨床的な研究の充実に力を入れています。また、医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令に基づき、治験に参加される方の人権や安全性の確保に一層配慮した治験を実施するためCRC(治験コーディネーター:治験が円滑に進められるようサポートする職員)を配置するなど、体制の整備を進めています。
また平成19年7月には、治験の活性化事業として、治験・臨床研究の推進を図る目的で厚生労働省が指定する「治験拠点病院」に都立清瀬小児病院が選定されました。治験拠点病院は中核病院や他の治験拠点病院等と連携して治験等を積極的に推進していきます。
今後も、治験の実施にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


都立駒込病院臨床試験科ホームページに、治験についての詳しい内容が掲載されています。こちらもぜひご覧ください。
ホームページアドレス http://www.cick.jp/kakuka/clinicalreserch/index.html

治験のメリットとデメリット

メリット
  • 最新の治療を受けることができます。
  • 経験豊富な医師による綿密な治療を受けることができます。
  • 通常の診療よりきめ細かい検査が行われるため、病状をより詳しく知ることができます。
  • 治験薬を服用している間は、治験薬や検査の費用負担がありません。詳しくは、治験担当の医療スタッフにご確認ください。
デメリット
  • 病院に行く回数、検査の回数が通常の治療に比べて多くなることがあります。
  • 他のお薬の服用、食事や運動が制限されることがあります。
  • 日誌や記録をつけることをお願いすることがあります。

治験Q&A

Q. 誰でも参加できるの?

A. まず、患者さんが治験の対象となる疾患であることが必要です。また、年齢や性別、過去の病歴などの条件に適合した患者さんに参加をお願いしていますので、誰でも参加できるというわけではありません。

Q. 治験への参加を依頼されたら?

A. 参加するかしないかは患者さん自身が決めます。治験の目的や実施方法、使用する薬について詳しく説明されますので、よく理解した上で判断してください。

Q. 診察する医師は?

A. 治験を適正に行うことができる十分な教育及び訓練を受け、かつ十分な臨床経験のある医師が診察をします。


子どもの患者さんの権利保護に努めます

子ども患者権利章典イメージ
 

都立病院は「患者中心の医療」の理念のもとに、患者さんが医療に対して主体的に参加していただけるように「患者権利章典」を制定しています。このたび、子どもの患者さ んに対し、よりきめ細やかな医療を提供するため、「都立病院の子ども患者権利章典」を制定しました。
子どもの患者さんに対する医療では、ご家族の方の協力が必要です。この「都立病院の子ども患者権利章典」では、子ども、家族の方の権利だけでなく、家族の方へのお願いも掲げ ていますので、皆様のご理解とご協力をお願いします。
詳しくは、条文を分かりやすく解説したリーフレットが各都立病院に置いてありますので、そちらをご覧ください。