Senior シニア

目標・評価システム

目標

東京医師アカデミーの特徴のひとつとして、目標を設定して到達度を評価しつつ研修をすすめる点が挙げられます。
シニアレジデントの目標は (1)「医師アカデミー共通目標」と (2)「コースごとの目標」から構成されています。 

なお、 コースごとの目標は新専門医制度に対応する形式をとります。

(1) 医師アカデミー共通目標

シニア全コース共通の目標です。医療倫理、チーム医療、医療安全の確保といった医療人として必要な基本的な事項や臨床研究、学会発表などの医学の貢献に向けた基本的事項等の目標で構成されています。

 

医師アカデミー共通目標の一覧はこちら

医師アカデミー共通評価シートはこちら

(2) コースごとの目標

学会専門医の受験資格取得のための個別目標を中心に構成しています。このコース目標に、さらにプログラムごとの独自の目標を付加しています。

プログラムごとの目標の詳細は、各病院へお問い合わせください。

(3) ER/救命救急短期研修の目標

内科、外科、整形外科、泌尿器科、総合診療コースでは、総合診療能力の向上のため、3ヶ月程度の短期ER研修を必修としています。その他のコースにおいても、同研修の受講を推奨しています。

 

ER/救命救急短期研修目標の一覧はこちら

ページの先頭へ

評価

シニアレジデントは、「医師アカデミー共通目標」「コースごとの目標」それぞれに対して、指導医と目標達成状況を確認し合います。
まず、研修当初に、各行動目標について知識や技術をどの程度有しているか自己評価を行い、指導医とその時点の状態を共有します。指導医は到達度を随時確認しながら、得意の領域をさらに伸ばし、不足している部分は補えるよう、研修計画を適宜修正していきます。

ページの先頭へ

Hospital List Jr… ジュニアレジデント S… シニアレジデント SS… サブスペシャリティレジデント F… クリニカル・フェロー
  • 広尾(都立)
  • 大塚(都立)
  • 駒込(都立)
  • 墨東(都立)
  • 多摩総合(都立)
  • 神経(都立)
  • 小児総合(都立)
  • 松沢(都立)
  • 東部(公社)
  • 多摩南(公社)
  • 大久保(公社)
  • 多摩北(公社)
  • 荏原(公社)
  • 豊島(公社)
  • 東京都病院経営本部(公社)

選考に関するお問合せ・見学のお申込みは各病院庶務課臨床研修担当までお気軽にどうぞ