About 医師アカデミーとは

サポート体制

東京医師アカデミーではレジデントが研修に集中し
その能力を最大限伸ばせるように次のようなサポートを行っています

指導体制

  • 東京医師アカデミーでは、医療人材担当副院長>コース責任者>責任指導医>レジデントという重層的な指導体制を組んでいます。
  • 責任指導医は、日常的に目標の達成状況を把握しながら、レジデントの状況に合わせた研修を行います。
  • コース責任者や医療人材担当副院長と年に数回の面接の場が設けられているため、その場で研修や進路について相談、意見交換ができます。
  • 日々の研修についても指導の責任者を明確にしていますので、日常的に研修内容の相談ができる環境が整っています。

指導体制

ページの先頭へ

学習環境

  • 全病院で院内の各自のパソコンからUp To Dateが使用できます。
  • 各自のパソコンでオンラインジャーナルを閲覧できるよう、整備を進めています。
  • 全病院に図書室が整備されています。
  • コースによりシミュレーターを使用した研修を実施しています。

ページの先頭へ

学会・論文

  • 医師アカデミーではレジデントが積極的に学会へ出席できる環境を整えています。
  • ポスター発表や論文執筆を奨励しており、臨床研究指導や論文指導を積極的に行っています。
  • 学会の参加費や旅費について金銭面でもサポートします(上限あり)
  • 専門医の取得や更新のために必要な費用等も支援します(上限あり)
  • 毎年2月頃、都庁大会議場にて「シニアレジデント研究発表会」を開催し、ポスター発表を行っています。

ページの先頭へ

その他サポート

  • 希望者は単身宿舎が利用できます(家族寮はありません)
  • 出産や育児のために研修を一定期間休止した場合は、研修期間を延長することができます(最長1年間)
  • 院内保育室が利用できます(各病院の空き状況によります)

ページの先頭へ

Hospital List Jr… ジュニアレジデント S… シニアレジデント SS… サブスペシャリティレジデント F… クリニカル・フェロー
  • 広尾(都立)
  • 大塚(都立)
  • 駒込(都立)
  • 墨東(都立)
  • 多摩総合(都立)
  • 神経(都立)
  • 小児総合(都立)
  • 松沢(都立)
  • 東部(公社)
  • 多摩南(公社)
  • 大久保(公社)
  • 多摩北(公社)
  • 荏原(公社)
  • 豊島(公社)
  • 東京都病院経営本部(公社)

選考に関するお問合せ・見学のお申込みは各病院庶務課臨床研修担当までお気軽にどうぞ